2004年11月21日

ハウルの動く城

観て参りました、「ハウルの動く城」!!
もうもうッ、ハウルが!!
宮崎アニメ史上稀に見る美形男子だった!(そこかよ!)
普通に惚れました(><)
で、ストーリーは、宮崎アニメ史上稀に見るロマンチック系だった。
宮崎アニメにmouth to mouthのキスなんてありえないと思ってたわ!(笑)
話自体も面白かったけれど、
とにかくハウルのカッコよさにノックダウン(死語)です。ばったり。
そもそも宮崎アニメって女性優位だから、
今までの作品では男の子は常に地味に描かれてきた気がします。
所謂「美形」はいなかったよな〜。
強いて言えば、「千と千尋〜」のハクかな?
後は、「紅の豚」の豚は超カッコいいんだけど、
決して美形じゃないしね(笑)
そんな中、ハウルは我々内で超ヒットな美形キャラだった。
金髪バージョンも黒髪バージョンも、どっちも素敵(><)
お花畑のシーンなんて、年甲斐もなくトキメキv(笑)
「ソフィー羨ましい!」みたいな。ホント年甲斐ないったら(笑)

噂の、木村さんのアフレコについては・・・
厳しいご意見を見かけることもあるけど、
私は「まー別にいいんでない?」と思った。
始めてハウルが喋った時には、「うぉッ!木村さん炸裂!」てカンジで
うっかり笑いそうになったけど(失敬!)、
すぐに気にならなくなったし。
どちらかと言うと、我々内では倍賞千恵子評の方が微妙だった・・・。
ソフィがおばーさんの時はいいんだけれど、
少女時にはものっすごい違和感。
少女にしてはあまりに落ち着き過ぎだよ・・・(笑)

なーんていう難点もあるものの、
話も面白いし、映像も美しいし、音楽も素敵だし、
とにかくハウルが美形なので(まだ言うか)、
超オススメ映画ですvv
・・・国家間の諍いが果たしてあんなにあっさりと解決してしまっていいもんなのか、
等という疑念が過ぎらなくもなかったけど(笑)
いや、戦争が終わるのは非常に良いことですが、
サリマンの「ばかばかしいことはもうやめましょう」みたいな一言で
終わりになるのなら、
最初から戦争なんてすんなよー・・・とか思ったのはウチらだけですか・・・。
でもまーいっか。
ハウルさえ美しければv(もういい)

映画を観終わった後、
世界観だとか話の設定だとか、細部で分からないことがあったので、
原作を買って読んでみようか・・・と本屋に立ち寄り、
折角原作読むなら原書で読もう!と洋書コーナーへ。
今回3人で観に行ったんだけれど、3人全員ハウル原書をご購入〜。
3人で同じ本持ってレジ並ぶのが恥ずかしかったので、時間差攻撃で(笑)
頑張って読むわッ!挫折?1にならないように・・・。
同じモノ読んでる仲間がいるとちょっとはやる気になりますネ。
あーあー。先日LotRの続きを読みはじめたばっかりなのに。
そちらはまた当面お休みかな・・・。
で、帰りの電車でチラリと2ページほど読んでみた。
・・・ソフィの実母はソフィが2歳の時に死んだとか、
ソフィの継母ファニーはソフィの父親の帽子店の従業員だったとか、
再婚後にマーサという娘が生まれたとか、
それにも関わらずファニーは連れ子と実子を分け隔てすることなく
平等に扱った・・・とか。
たった2ページ読んだ時点にしてすでに
映画を観終わった段階では知る由もなかった情報満載です(笑)
原書でも邦訳でも、とにかく原作をお読みになることもオススメしますわ!


ジャニな話題。少クラは普通に見逃しました(笑)
見逃した、というと語弊があるか・・・。
大体、ウチにはBSがないので見ようとしたって見れないのだ。わー恥ずかしい。
昨夜、ジャニ相方のAちゃんに
「少クラに斗真ちゃん出るんだってよーぅ。一応録りなよ」(←他力本願の上に偉そう)
とメルしたら、「じゃぁ一応録画するか・・・」というレスがきたんだけれど、
本日待ち合わせで出会いがしらに「あ。録画セット忘れてきたv」と言われました。
いくら少クラだからって、二人ともやる気なさすぎじゃ・・・!(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1599022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。